アトピーの生活上の心得

「痛みや悪化するのが心配!」アトピーでもヘアカラーは可能なのか?

ヘアカラーや白髪染めなど、アトピーだけどヘアカラーをしたいと思っている方もいらっしゃると思います。

芸能人やおしゃれをしている人を見るとヘアカラーをかっこよく決めてる方が多いのでついついヘアカラーをやりたくなってしまいます。

しかしながら、アトピーがあるのにヘアカラーをしてしまいすごく痛い思いをしたり、アトピーを悪化させてしまっている方も多く見受けられます。

やはりアトピーではヘアカラーはやってはいけないものなのでしょうか?

髪の毛だけではなく頭皮や頭部全体に影響する

ヘアカラーの危険性については後述しますが、ヘアカラーを行うことで一番影響があるのは頭皮や頭部全体になります。

既に頭皮や顔にアトピーの炎症がある人はご存じだと思いますが、頭部には強いステロイドを使用することができません。

従って頭皮等のアトピーの炎症が悪化してしまうとなかなかすぐには治せないということになります。頭皮の場合は髪の毛があるせいでかなり薬を塗るのが大変ですからね。

炎症だけではなくアナフィラキシーを起こす方や施術の途中に痛みに耐えられない方もおられます。

ですのでヘアカラーは大変危険なものだという認識は必ず持ってどうするか判断しなければなりません。

ヘアカラーの危険性

ヘアカラーには以下のような工程があります。

  • 髪の内部まで浸透させて染色する
  • 髪のメラニン色素を除去し脱色する
  • 使用した染料を洗い流す

非常に強力な染料を使用する

一度ヘアカラーをしてもすぐに色落ちしないように非常に強力な染料を使用することが多いです。

ヘアカラーの中にはジアミンという成分が含まれることがあります。この成分はアトピーのない人でもアレルギー反応を起こすことがある大変刺激の強いものです。

また髪の内部まで色を浸透させるためにキューティクルと呼ばれる髪の表皮を開かせる薬剤も使用しています。

メラニン色素を除去するような工程もある

さらに明るい色や淡い色にする場合は髪の黒い色素を取り除く必要があるので、メラニン色素を除去して髪を脱色するブリーチと呼ばれる工程があります。

このブリーチをおこなってアトピーが悪化したり頭皮が荒れてしまったとおっしゃる方もいます。

このようにヘアカラーは大変肌に対して刺激の強い染料を使用します。

そのため既に頭皮や顔にアトピーの炎症があり肌が荒れてしまっている場合は強力な成分が付着することによって大変なことになってしまいます。

使用した染料を洗い流す必要がある

また、髪に大量に付着した染料を洗い流す作業があります。

プロであれば顔にかからないように洗髪してくれると思いますが、それでも頭皮にかからないように洗髪するのは不可能でしょう。

ですのでヘアカラーの作業に関係のない箇所にも影響を及ぼしてしまう可能性があります。

ヘアカラーの危険性をはっきり認識しておく

何も考えずにヘアカラーをしてしまうとこのような危険にさらされてしまうので、特にアトピーにとってはヘアカラーは危険なものだという認識は持つ必要があります。

アトピーではヘアカラーは出来ないのか?

アトピーだからといって絶対に断られるわけではない

上述したヘアカラーの危険はアトピーだけではなく普通の人にも言える事です。

ヘアカラーの施術を行う前は美容師は必ずパッチテストを行うことになっています。

ごく一部の皮膚の上で染料をつけてみてアレルギーが起きないかどうか確認する方法ですので、パッチテストをやることで危険性が事前に察知できる可能性があります。

そのためアトピーでもパッチテストで問題なければヘアカラーを行う美容院はあるでしょう。

ヘアカラーではなくヘアマニキュアにする

前述したヘアカラーの工程は発色の良さや持続効果を最大限に引き出すためのもので、その結果最も危険性の高いものになります。

お客さんがアトピーでヘアカラーしたいけど不安があるようなら、美容師さんもこのような工程にこだわらず色々なプランを提示してくると思います。

髪に浸透させたり脱色するものではなく単純に染めるだけのヘアマニキュアという手法もあります。

ヘアマニキュアであれば頭皮や地肌に対する影響は軽微になるのでアトピーでも安心して毛染めできる可能性があります。

アトピーでどうしても肌荒れが気になる人はヘアマニキュアなど影響の少ない毛の染め方を選びましょう。

皮膚科をきちんと活用する

そもそもアトピーを持つ自分が毛を染めてもいいかどうか、かかりつけの皮膚科に相談するのが一番の基本だと思います。

問題が無くて美容院でヘアカラーをする場合でも、万一何かあった時のために当日に皮膚科に駆け込めるようなスケジュールでヘアカラーを行いましょう。

まとめ

アトピーでも毛を染めるのは無理ではありませんが、かなりハードルが高いです。

ヘアカラーはアトピーにとって非常に相性が悪いという認識を持ち、どうしても毛を染めたいのならヘアマニキュアなど肌に影響の少ない毛の染め方を選択するようにしましょう。

アトピーで痒くて眠れない方はこちら!