おすすめのアトピー生活用品

「髭剃りはどれを選ぶべき?」アトピー向けのおすすめ電気シェーバー

アトピーでひげ剃りにこだわっている人もおられると思います。しかし、ひげ剃りしていると肌がヒリヒリして不快と言う場合も多いのではないでしょうか?

特にアトピーの症状が顔に出ていたり、顔がカサカサしていたりする人にとっては髭剃り方法やシェーバーの種類は何でもいいというわけにはいきませんよね。

そこで、アトピーの男性に最適な電気シェーバーを3つご紹介します。

電気シェーバーの特徴

そのまえに、電気シェーバーの特徴とその種類について大まかに説明していきます。

T字カミソリとの違い

髭剃り方法としては大まかにいえばT字カミソリを使う方法と電気式のシェーバーを使う方法があります。

T字カミソリは散髪屋でひげを剃ってもらう時などに使用されますよね。カミソリの刃を当ててひげを剃る方法です。

電気シェーバと違いは全て手でコントロールしなければならないというところが大きいです。

またカミソリの刃が肌に直接触れやすいといったデメリットもあり力を入れ過ぎて肌にダメージを与える可能性もあるので、アトピーや敏感肌の方にはT字カミソリは不向きと言わざるを得ません。

電気シェーバーは電気式にカミソリの刃を回し、外刃と内刃で挟み込むように剃るので比較的直接肌に触れる機会は少ないと言えます。そのため、肌に負担を感じにくく、肌が弱いと感じる方は電気シェーバーを好む傾向があります。

電気シェーバーの種類

電気シェーバーでも大きく分けて3つの種類があります。

往復式

  • 外刃から入り込んだひげを横一列に並んだ内刃が左右に動くことによりひげを剃るタイプ
  • 刃の枚数が多いほど少ないストロークで多くのひげをカットできる

ロータリー式

  • 円筒状になっている内刃を回転させることでひげを剃るタイプ
  • 静かにひげを剃ることが得意であり、しっかりと深剃りしやすい

回転式

  • 扇風機の羽のような内刃が回転することでひげを剃るタイプ
  • 肌に負担を最小限にやさしくひげを剃ることができる

このような分類に分かれます。

このあたりを踏まえておけば、顔のアトピー症状のある人は肌の負担が軽い回転式がいいなとか、アトピーだけど顔はさほどひどくなくひげが濃いという方には往復式の刃の多い機種がよさそうなどといった判断が可能になります。

おすすめ電気シェーバー

ブラウン 電気シェーバー Series9【4枚刃】

まず紹介する電気シェーバーは「ブラウン 電気シェーバー Series9 9295cc-p」です。

こちらは人気メーカーであるブラウンのシェーバーの中でも敏感肌向けの電気シェーバーです。上記で解説した分類としては「往復式」になります。

  • 4枚刃なので1回のストロークで多くのひげを剃ることができる
  • ストロークを少なくすることができるので肌への負担が軽い
  • 深剃り性能も高い
  • ストレッチスキンガード機能があり過度な押さえつけから肌を守る
  • 刃にチタンが使われており、アレルギーを起こしにくい
  • 5カットシステムによりくせ毛など様々なひげに対処できる

ブラウン 電気シェーバー Series9 9295cc-p」はこのような特徴があり、これ1本あれば荒剃りから仕上げまで行っても肌にあまり負担をかけることは無く、かつ短い時間で多くのひげを剃ることができるので時間の短縮にもなるでしょう。

まさに忙しいアトピーの方にうってつけの商品ですね。

この機種に適した方の特徴をまとめるとこのようになります。

  • 敏感肌、アトピーの方で肌に負担をかけたくない人
  • アトピーで敏感肌だけど顔の症状は軽いので電気シェーバーに抵抗が無い人
  • ひげ剃りの時間を短縮したい人
  • シェーバー1本ですべて完結したい人
  • ひげが濃くて太く固いのでひげ剃りのパワーが欲しい人

フィリップス ウェット&ドライ電気シェーバー

次に紹介する電気シェーバーは「ウェット&ドライ電気シェーバー S7930/16」になります。

この製品は肌に優しいことで定評のあるフィリップスのシェーバーの中でも皮膚科医との共同開発により生まれた乾燥肌・敏感肌用の電気シェーバーです。

電気シェーバーの種類としては「回転式」という分類になります。

  • 非常に肌に優しい構造である
  • 円盤状に横に回転する刃によって肌の接触が少なく肌の負担を軽くできる
  • 刃が3つあるがそれぞれが独立して動くので肌に常に密着することができる
  • シェービングヘッドにマイクロコーティングが施されていて非常になめらかである
  • 髭密度感知システムがあり、ひげの濃さから自動でパワー調整する
  • 「フィリップスメンズグルーミングアプリ」と連動することで、パワーの調整や肌トラブルに対する専門的なアドバイスを受けることができる

「ウェット&ドライ電気シェーバー S7930/16」にはこのような特徴があり、まさに敏感肌・乾燥肌用電気シェーバーの名にふさわしい機能がたくさんあります。

私はこの機種ではなくS6680という下位モデルの機種を持っているのですが、それでも剃り味としてはものすごく優しい感じで全くヒリヒリ感がありません。

また、本体とヘッドを完全に分離させることができるのですごくメンテナンスが容易であり本体にひげが入る余地は全くないところが非常に好感が持てます。

付属しているトリマーなどもヘッドと交換して使うのでひげや髪の毛が本体に入ることはありません。

この「ウェット&ドライ電気シェーバー S7930/16」に適した方の特徴をまとめます。

  • 敏感肌・アトピーの方で肌に負担をかけたくない人
  • アトピーの症状が顔に出ていて、ひげ剃りが大変な人
  • 肌に負担が軽ければちょっと剃る時間がかかってもいい人
  • ひげがあまり濃くない人

「回転式」はひげが濃いと時間がかかりすぎて使いにくいというコメントもありますが、別の「往復式」シェーバーで粗ぞりしておくとか蒸しタオルでひげを柔らかくするなどして上手く対処する方法はあります。

顔のアトピーの症状が重症な方でひげを剃るならこの「ウェット&ドライ電気シェーバー S7930/16」をおススメします!

アトピーでも安心な電気シェーバーでの剃り方

いきなり電気シェーバーでひげ剃りしようとすると躊躇してしまうという人もいるのではないでしょうか?

そこでアトピーでも安心できる電気シェーバーでのひげ剃り方法をご紹介します。

  1. 蒸しタオルを剃りたい場所に当ててひげを柔らかくする
  2. ひげが伸びている場合は少々ひげが残る程度に軽く剃っておく
  3. シェーバーを肌に対して直角に当て、ひげの生えている方向に逆らって剃る
  4. シェーバーを持っていない方の手で肌を引っ張ると剃りやすい
  5. 強く肌に押し付けたり、何度も往復させない。ゆっくり少ないストロークで剃る
  6. 剃り終わったら顔をやさしく洗い、ひげ剃り負けを防止するために保湿を行う

以上のように、剃る前のひげの状態・シェーバーの力加減・剃った後の保湿に注意することでアトピーでも快適な剃り方が可能になります。

アトピーの方で電気シェーバーをお使いの方はぜひお試しください。

なお、洗顔をひげ剃りの前にやるか後にやるかはシェーバーの機種やメーカーによって見解が変わります。顔を洗うと肌がふやけるので洗顔はシェービングの後に行うのを推奨している場合もあります。

各メーカーで推奨されているひげの剃り方も公式ページに記載されています。一度目を通してみることをおススメします。

・ブラウン公式サイト シェーバーできれいに深剃りするには

・フィリップス公式サイト 電気シェーバーを使った、髭の剃り方ガイド

以前ちくちくしないひげの剃り方という記事を書いたのでそちらもご覧ください。

「ひげを剃ってもちくちくしない!」1分でできるアトピーでもかゆくならないひげ剃り方法アトピーの男性だとひげを剃ったあとかゆくなったり、肌荒れすることが多いです。 私もそうでした。 ですがひげを剃る前にあること...

まとめ

電気シェーバーにも各メーカーごとに乾燥肌・敏感肌に特化した製品を販売しています。そのような製品を使うことでアトピーでも快適なひげ剃りが可能になりますので是非こだわってみてくださいね!

アトピーで痒くて眠れない方はこちら!