アトピーの生活上の心得

「薬を処方されたらどこに行く?」ドラッグストアで薬を受け取る方法

アトピーにかかっていて皮膚科で処方箋を発行してもらった時、病院の近くにある薬局で薬を貰うと思います。

しかし最近はドラッグストア内に調剤薬局がある場合が多く、ドラッグストアでも処方箋を受け付けてもらえるようになっています。

薬を買うときにお持ちのポイントやキャッシュレス決済方法が使えるとしたらどうでしょうか?

ドラッグストアで薬を受け取れるようになるとどのようなメリットがあるのか考えてみたいと思います。

薬局とドラッグストアの違い

その前に薬局とドラッグストアの違いについて簡単に触れておきます。

  • 薬局(調剤薬局)は薬剤師が常駐しており医師から処方される薬を調剤することができ、全医薬品を扱うことができる
  • ドラッグストアは市販薬の販売だけではなくスーパーで売っているような日用品や食料品も多数販売しているので商品数は非常に多い

大雑把にいうとこのような分類に分かれます。そのため医師から薬を処方されると薬局に行って薬を受け取る必要があります。

しかしドラッグストアには調剤薬局がある店もあるのでそのような場合はドラッグストア内でも薬の受取りは可能です。

ドラッグストアで薬を受け取るメリット

ドラッグストアで薬を受け取れるようになるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

ドラッグストアの特徴を少し掘り下げてみます。

  • 市販薬の品数が豊富である
  • 医薬部外品や化粧品、サプリメントなども豊富である
  • 医薬品だけではなく日用品や食料品まで幅広く販売している場合がある
  • スーパーに負けないくらい格安な値段で販売されいている
  • 支払い方法もクレジットカードはもちろんポイントやキャッシュレス決済が多彩に対応している

このようにドラッグストアはスーパーでは販売することが難しい市販薬や化粧品に力を注いでおり、若者にも大変人気があります。

最近ではPayPayなど様々なキャッシュレス決済が存在しています。薬局でもある程度は対応しているようですが、ドラッグストアの方が幅広いキャッシュレス決済に対応しているでしょう。

病院で処方された薬の受取に自分の好みのキャッシュレス決済を使用することができればその恩恵を受けることができます。薬の出費はかなりかさみますのでキャッシュバックなどあったら経済的に助かりますよね。

ドラッグストアのおすすめはウエルシア

ドラッグストアにも有名なマツモトキヨシやスギ薬局などがありますが、私が一推しするのはウエルシアです!

「ウエル活」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ウエルシアでは毎月20日に買い物の時にTポイントで支払うと、支払うTポイントの1.5倍の金額の買い物ができます。

例えば、7500円分の買い物をTポイント払いで購入したら出費はTポイントの5000Pで済むということで大変お買い得に買い物をすることができます!

残念ながら処方箋で薬を受け取る場合はこの割引は効かないので普通に薬を受け取るだけになりますが、キャッシュレス決済での支払いには対応していますので楽に生産をすることができます。

「ウエル活」はポイ活・節約対策の分野で非常に話題に上る手法ですのでウエルシアで上手く買い物できるようになればアトピー生活にも上手に活用できるようになるでしょう。

またウエルシアはTポイント以外にも多くのキャッシュレス決済に対応していますので、自分の得意なキャッシュレス決済を活用することでポイントバックを狙うことが可能です。

まとめ

アトピーを患うと薬を受け取る薬局以外にも多くの医薬品を購入する必要があるので、自分の得意なドラッグストアを見つけるという活動も大事なのではないでしょうか。

中でもウエルシアは多くのキャッシュレス決済に対応していたり定期的にお得なキャンペーンをしているのでおすすめです!

アトピーで痒くて眠れない方はこちら!