アトピーの生活上の心得

「水をちゃんと飲もう!」寒い冬に見逃しがちな水分補給の必要性

前回の記事で、アトピーにおける冬季の加湿対策の重要性について述べましたが、冬のアトピー対策についてもう一つ重要なことがあることを思い出しました。

それは「十分な水分を取ること」です。

冬にひどくなりがちなアトピーの患者さんのなかで、冬に十分な水分を補給できている人はどれくらいいるでしょうか?あまりに仕事などが忙しいなどにより、冬の間は食事以外に水分取ってないという人もいるのではないでしょうか。

そこで冬に十分な水分を取ることの重要性について考えてみたいと思います。

理想的な水分の取り方とは

人間と水の関係

人間にとって水がどれほど大事かは説明する必要もありませんが、今一度まとめてみます。

  • 人間の体は60%の水分で出来ている
  • 食物消化や吸収という機能に水分は必要不可欠である
  • 栄養や酸素の循環は血液が行っているので水分が不足すると血液がドロドロになり循環効率が落ちる
  • 水は温まりやすく冷めにくいので適切に体温を保つには水分が必要である
  • 水分を取ることにより便秘を抑制し、むくみを解消することができる
  • 肌に潤いを与える

上記の内容により、人間の生命維持に水分は必要不可欠な存在であるということができます。

水分の取り方とは?

人間から排出される水分は1日あたり2.5ℓ、夏や活動量が多い人だと3~4ℓにもなると言われています。

従って最低でも排出された水分量を補給する必要があります。全体で2.5ℓとして食事などで600mℓ~1ℓ、呼吸や代謝などで体内で300mℓを摂取しているので、のこり1ℓ~1.5ℓほどを飲み物から補給する必要があります。

また、一度にがぶ飲みしても尿として排出されるだけなのでやみくもに水分を摂取しても吸収されなければ意味がありません。少量の水を回数を分けて摂取するのが理想です。

ここまでが人間と水の関係についての一般的な解説になります。

アトピーと水の関係

アトピー性皮膚炎の特徴として乾燥肌の傾向が非常に強いことが挙げられます。そのため乾燥している肌を自己修復するには当然水分は欠かせません。

アトピーの症状を抑えるには最低でも一般的に必要な水分をきちんと摂取する必要があります。

寒い冬の乾燥

「湿度をちゃんと計っていますか?」寒い冬の間の空気の乾燥対策冬になると気温が低くなりますがそれに伴い空気が非常に乾燥するようになります。肌の保湿などをしなければならないアトピーにとって空気の乾燥は...

こちらの記事の中でもふれましたが、冬は気温が大幅に低くなるので大変寒くなります。そうなると湿度もそれに伴って下がるので空気乾燥が進行します。そのためアトピーで一番警戒が必要な季節は冬です。

夏の間は気温が高いことから体から排出される水分も多く喉が渇きやすいので必要な水分を自発的に摂取する傾向がありますが、冬になるとそれほど喉が乾かないのであまり自分から水分を取ろうとしません。

また冬は空気が乾燥するので生活環境の空気中の水分がどんどん少なくなります。その中で水分摂取を怠り体内の水分が少なくなってしまうとアトピーによる乾燥肌にも当然影響するでしょう。

さきほどの記事は加湿することで生活環境の乾燥から乾燥肌を守ろうという趣旨でしたが、水分をきちんと取り体内の水分不足を解消することでも乾燥肌の進行を抑えることができるのではないでしょうか?

アトピーに良い冬季の水分の取り方

しかしながら冬はあまり喉が渇かないので自分から積極的に水を飲むことは少ないです。また、一度に無理やり飲んだとしても大半は尿として排出されてしまいあまり吸収されないので意味がありません。

そこで水分の取り方をそれなりに考える必要があるかと思います。

  • 1ℓから1.5ℓの水分を少量にわけて数時間に1回くらいのペースで摂取する
  • 体温維持のために可能であれば温かい白湯やお茶を摂取し、冷水は避ける
  • 糖分の多いコーヒーや塩分のある昆布茶などは回数を抑える
  • アルコールは利尿作用があるので飲酒はほどほどにする

夏ほどには冷たい飲み物を飲みたい欲求もありませんし傷みやすいわけでもないので、冷蔵庫で冷やした麦茶などではなく常温のものや温かい白湯やお茶を摂取したほうが体温上昇効果も期待できるのでおすすめです。

冬場は汗をかかないし、食事をとる際に汁物を食べることが多くなるので塩分補給には困りません。水分摂取時には塩分の入った飲み物や糖分の入ったコーヒーなどをなるべく避け、純粋に水分を摂取するように心がけましょう。

ラーメンなどスープが多いものを食べた場合は塩分がかなり多いので、水を飲んで血中塩分濃度を下げるとちょうどよくなります。その場合は少々水を飲み過ぎたとしてもデメリットはないので大丈夫です。

水分を取りすぎて問題になるのは多量に水分を摂取することによって血液塩分濃度が極端に低くなる低ナトリウム血症という状態です。あまりにも多量の水分を取ってしまうとこの状態に陥るかもしれないので注意したいところですが、塩分の濃い食事が多い冬にはそれほど気にする必要はないでしょう。

ビールなどのアルコールは利尿作用があるので、酒を飲むことによりせっかく蓄積した水分を尿で放出してしまう可能性があります。また、たくさん飲酒してしまうとアトピーの痒みが増加する傾向にあります。

酒を飲むなとは言いませんがアトピーが気になる方は飲酒はほどほどにした方がいいでしょう。宴会が多い季節なので、アトピーにとってはアルコールとの付き合い方も大事になりますね。

まとめ

体内の水分不足はアトピーにとって悪影響を及ぼしますが、冬場はあまり喉が渇かないのでついつい水分を取るのを忘れてしまいます。

きちんと必要な水分の摂取を心掛け、無用に肌の自己修復機能を低下させないように気をつけましょう。

アトピーで痒くて眠れない方はこちら!