アトピーの対処療法

「いきなりやめちゃダメ!」ステロイドとの正しい付き合い方

最近特にインターネットで脱ステロイドについての記事をよく見かけます。ステロイドは危険なのでやめた方がいいという考え方です。

ですがそのような記事を見るとまずいきなりステロイドを中止するように指導しているように見えます。その結果重症に陥るアトピーの方がおられます。

脱ステというのは理想でありそれが実現できればまさに素晴らしいですが、止めるというならステロイド治療の代替手段が必要です。さもなければ症状が悪化するのではないでしょうか。

そもそもステロイドというのはそこまで危険なものなのでしょうか?ステロイドについてちゃんと考えてみましょう。

ステロイドとは何か?

ステロイドは炎症を鎮める効果があり、塗り薬だけではなく内服薬もありますがアトピーの薬としては塗り薬が有名です。

他にもステロイドは以下のような効果があります。

  • 炎症を引き起こす物質の産出を抑える
  • 炎症を引き起こす細胞の増殖を抑える
  • 炎症部の血管を収縮させ患部の赤みを抑える
  • 抗体の産出を抑制して免疫機能を低下させる

私が使っているステロイド外用薬

ちなみに今私が病院からもらっているステロイドを紹介してみます。

強さ 成分名 部位
Strongest(最強) ジフロラゾン酢酸エステル
very strong(2番目) フルオシノニド 上半身
medium(4番目) クロベタゾン酪酸エステル

前回、足の炎症がひどくなってしまったので最強クラスのステロイドが出てしまいました。上半身や顔は割と安定しているため、そこまできつくないものが出てます。

皮膚科に行くと必ず顔専用のステロイドをもらいます。顔は皮膚が薄いのでステロイドの吸収率が高すぎるため、普通は弱めのステロイドが処方されます。

そのため、ステロイドが処方されたら以下のことに注意する必要があります。

  • ステロイドの強さを確認する(5段階存在する)
  • どの薬をどの部位に塗るのかをちゃんと確認する
  • 1日にどれくらい塗ってもいいかを確認する
  • 特に顔に塗る薬に注意する

なお、5段階あるステロイドの強さのうち1番目と2番目の強さのステロイドは市販の薬では販売されておらず、その場合は必ず皮膚科の医師の処方が必要です。

そのため市販のステロイドの塗り薬では強さが足りていない可能性があり、塗っても効果のないステロイドをだらだらと長い期間塗り続けるという結果に陥りがちです。

ステロイドは必ず皮膚科の医師から処方してもらいましょう。

ステロイドの塗り方は気を付けなければならない

上記のことから、顔に塗るステロイドの種類に特に気をつけねばなりません。効果が高いからと言って体用のステロイドを顔に塗ってしまうと通常の顔に使うステロイドが効かなくなってしまいます。医師から指定された塗り薬を適切な部位に使用しましょう。

ステロイドを塗る回数は医師からも指定がありますが1日に2回程度なら問題ないことが多いので、可能であればひどい時は朝と夜に塗ると回復が早いです。

強いステロイドだからと言って不用意に恐れてしまうと使用するのを躊躇してしまい症状がなかなか収まらず逆にだらだら長い期間塗り続ける原因になるので、しっかりと薬を塗って短期間で症状を安定させることが大事です。

症状を安定させることができれば、塗る時間を夜だけにするとか薬の強さを弱くするとかの選択肢が生まれます。ステロイドはしっかりと使用してなるべく短期間で炎症がおさまるように努力しましょう。

炎症がひいたように見えても自分の考えで塗り薬を塗るのを中止するとまたぶり返す可能性があります。塗り薬の使用を中止するなら必ず医師と相談のうえで行いましょう。

  • 必ず炎症の度合いに応じたステロイドを医師に処方してもらう
  • 医師に指定された塗り薬を適切な部位に使用する
  • 炎症がひどい時は1日2回朝と夜に塗り薬を塗る(医師や薬局に確認する)
  • 炎症が安定してきたら1日1回にしてもいい
  • なるべく短期間で炎症がひくように努力する
  • 炎症がひいたように見えても塗り薬の使用を中止しない

ステロイド依存というのはあるのか?

経験上強い薬を処方されたらスパッと炎症を抑え込めるので、ステロイドが効かなくなるという経験はないです。あり得るとしたら以下のようなパターンが考えられます。

  • 炎症が収まったらステロイドを塗るのを止める
  • 体用の塗り薬を顔に使用するなど、使い方を誤る
  • 肥満や便秘など体質的な問題がある

炎症が収まって止めてまた炎症が発生してステロイドを再度塗り、炎症が収まったらまたやめるのようなパターンを繰り返し、結局延々と長期間薬を使い続けるしかなくなるという経験はあります。

要は正しい使用方法でステロイドを使えば回復は早いし依存状態に陥ることもありません。

ステロイドの限界

ステロイドは炎症を抑える薬です。ですが炎症が発生する原因を除去するものではありません。ですのでステロイドで一時的に炎症を抑え込んだとしてもそれだけではアトピーの完治は難しいです。

脱ステロイドへの道のり

ステロイドを使うのをやめる、またはやめたいと思っている人がかなりいるとお見受けします。脱ステロイド、または脱ステと呼ばれている考え方です。

  • ステロイドは強い副作用があり怖い薬だ
  • ステロイドではアトピーをなくすことはできない
  • そのためステロイドをできるだけ使いたくはない

このように思われている方が多いのではないでしょうか?今多くの情報があふれかえっているのでこのような考え方にとらわれるのも仕方ありません。

しかし情報を見ていると脱ステロイドをおこなって良くなったという人と重症になったという人がいて正しいのかどうか判断ができません。ですがどちらのケースでもいきなりステロイドの使用を中止するのを前提にしているのではないかと考えられます。

炎症もひいていないのにステロイドの使用を中止すれば悪化するのも仕方ありません。

脱ステロイドにたどり着くには?

私が脱ステロイドに挑戦するならばこのような順番で行うでしょう。

  • 新陳代謝を高めたり肥満や便秘などの体質を徹底的に改善する
  • そのやり方でアトピーに効果があるかどうか判断する
  • その結果十分に症状が安定しステロイドがそこまで強くないものが処方されるようになるまで頑張る
  • そこで初めて脱ステロイドに挑戦する

ステロイドを使用していても脱ステをおこなうのも最終的に目指すものは共通していて、それは体質を改善してアトピーをなくすことなのです。

脱ステをしようと勧める人も食事を変えようとか運動しようとか指導してますよね。従って本当に脱ステがしたいならまずは体質を改善する努力を最初に徹底的に行うべきなのです。

その努力をせずに安易な考えで脱ステを行うから失敗するのではないでしょうか?

まとめ

ステロイドは医師が指定する方法で使用すれば強いステロイドであってもそれほど怖い薬ではありません。ですが塗るのをさぼったりやめたりすることでその使用期間が延びてしまい、強いステロイドをだらだら長い期間塗り続ける結果になることがあります。

炎症がひどい時は躊躇なく処方されたステロイドを使用して、炎症を短期間で押さえ込みましょう。

またステロイドだけでアトピーをなくすのは困難なので、その実現には食事療法や運動などで体質を改善する努力が欠かせないでしょう。