アトピーの生活上の心得

「便秘はアトピーの敵!」腸の働きを良くしてアトピーを改善しよう

「アトピーで便秘気味だけど、便秘とアトピーとは関係ないよね。」って思っていませんか?実はアトピーと腸は密接な関係があるのです。

痔で病院に行ってみた結果

ある時排便すると出血するようになったので病院に行ってみてもらいました。

その結果痔と診断されたのですが、確かに便が石ころみたいに硬く便秘気味だと伝えたところ、座薬といっしょに「酸化マグネシウム錠を出すから飲みなさい」と言われました。

酸化マグネシウム錠は腸内に水分を引き寄せて便を柔らかくして排便しやすくする薬だそうです。そのため数日服用したら便通が良くなり、排便時の出血も止まりました。

ここまでの話がアトピーに何の関係があるのかと言いたいところですが、実は血便になっていたころちょっとアトピーが悪化傾向にあったのです。

アトピーがひどかった時期は便も硬かった

必ず便が硬いとアトピーがひどくなるとは言えませんが、昔の傾向としてアトピーがずっとひどい時期が続いてましたが確かにそれと同時に便もずっと硬かったです。そしてよく腹痛を起こしていたと思います。そういうものだと思っていました。

そういえば、健康診断でエコーを受けた時は「腸内にガスがたまってるよー」とよく指摘をされた気がします。また、ずっと脂肪肝を指摘されていました。

一時期運動としてクロスバイクによく乗っていた時期は体調がよく、そうした便のトラブルもなく、便で一番状態がいいといわれる大きなバナナ上の排便が出来ていました。その時期はアトピーも嘘のように状態が良かったです。

その時は運動のおかげでアトピーが改善されたと思っていたのですが、運動のおかげで腸の活動が正常化されてアトピー症状が改善されたということなのかもしれません。

便秘というのはアトピー悪化のサインだといってもいいのではないでしょうか?

なぜ便秘だとアトピーが悪化するのか

調べてみると実際に便秘だとアトピーが悪化しやすいといわれています。なぜ便秘だとアトピーが悪化しやすいのでしょうか?

便秘の特徴

  • 便秘になると便が滞留し続ける時間が長くなる
  • 大腸菌や黄色ブドウ球菌のような悪玉菌が増加する
  • その結果便が硬くなってしまい、排泄しにくくなる
  • 腹痛を引き起こす

便秘になるとこのような傾向になるようです。腸内では善玉菌と悪玉菌が戦っていて、悪玉菌が優勢になってしまうとその活動により異物の発生や腸壁の損傷が起きて血液中に異物が流出することによりアレルギーが起きるということです。

便が滞留すると悪玉菌増加や腸内にガスが溜まったりするので体に悪影響を及ぼすことは間違いありません。

便秘とアトピーの関係

腸内では善玉菌と悪玉菌が戦っていて、悪玉菌が優勢になってしまうとその活動により異物の発生や腸壁の損傷が起きて血液中に異物が流出することによりアレルギーが起きる。

先ほどこう述べました。さらに便秘の時に発生する悪玉菌にはカンジダ菌という細菌があり、この菌自体がアレルゲンとなるため便秘の時はやはりアレルギー反応が起きやすいと言えます。

サプリを服用して善玉菌を増やすという対処方法もありますが、便秘傾向のある人だと善玉菌が優勢でも戦い自体は悪玉菌の方が有利になっているかもしれません。善玉菌を増やすのもいいけど悪玉菌を弱体化させる方法を考えるべきだと思います。

つまり便秘により悪玉菌が増殖するのであれば便秘体質を改善すれば善玉菌を有利にできるというアプローチもあるのではないかと考えます。

便秘にならないためにはどうすればいいのか?

便の種類

便の種類は以下のような形状に分かれます。

Type1~2が便秘と言われています。Type4のバナナ上の形が非常に良い便なのでこの状態を常態化させることができれば、悪玉菌の発生も抑えられアトピーに良い影響を与える可能性は高いと言えます。

便秘を解消する方法

①運動

便秘を解消するのに一番良いのは運動だと思います。

内臓を支えるための筋肉が弱くなっているので大腸の運動機能が低下したり、内臓が下がってきている「弛緩性便秘」が多いと思います。なので腹筋をしたり適度な有酸素運動をすることによって新陳代謝を促進できれば便秘の解消が期待できます。

②薬

運動だと効果が出るのに一定の時間がかかると思われます。そのため、便秘用の薬を飲んでみるのもいいのかもしれません。数日で効果が出ます。ただし服用をやめると効果がなくなるので長期間服用した場合副作用が心配です。

酸化マグネシウム錠はある程度効果が出たら服用回数は減らしてもいいと医師が言ってましたのでその点は問題なさそうです。

今もちょっとずつ酸化マグネシウム錠を服用しています。

③サプリ

サプリの中には乳酸菌を取り込んで善玉菌を増やし悪玉菌に対抗するといったものも存在します。以前紹介したL-92乳酸菌などが挙げられます。

「腸を強くして免疫アップ!」L-92乳酸菌の服用は効果はある?カルピス健康通販の「アレルケア」という商品があります。 「L-92乳酸菌」を摂取することにより免疫力をアップして持病を改善するとい...

以上の方法で便秘の症状を緩和することが出来ます。

まとめ

便秘の症状が長期間続いてしまうと便が滞留したり悪玉菌が発生するのでアトピーにも悪影響を及ぼしてしまいます。なるべく便秘にならないようにするのがアトピー対策につながります。ぜひ運動や薬で便秘を解消し、アトピーを克服しましょう。