アトピー再発防止方法

「アトピー再発防止に!」積極的に保湿剤を使うべき理由

皮膚科の医師から炎症を抑えるステロイドなどの塗り薬とともに保湿剤をもらうことがあります。

塗り薬を塗るのも大変なのに保湿剤も塗らなければならずめんどくさいとかべたべたするからという理由で保湿剤を塗らないという人もいると思います。

中にはあまり保湿剤を多用すると保湿剤依存症になるから保湿剤を使わないんだという気合の入った方もおられます。

しかし、やはりアトピーにとっては保湿剤は塗り薬と同等かそれ以上に重要だと思われます。ぜひこの機会に保湿の重要性について考えていきましょう。

普通の肌と乾燥肌の違いについて

乾燥肌とは何か

乾燥肌とは肌がカサカサしやすい体質のことを言います。

アトピー性皮膚炎のことを乾燥肌というわけではありません。アトピーほど重症ではないけど乾燥肌というパターンもあります。

ですが、アトピー性皮膚炎を患っていればだいたい乾燥肌体質だと考えられます。

普通の肌
  • 肌の水分・皮脂が保たれ、潤いが保たれている
  • そのため外部からの刺激や異物に対してしっかりと防御できる
乾燥肌
  • 肌の水分が蒸発しやすい、また皮脂がなくなりやすい
  • そのため肌の表面だけでなく角質層の内側から細胞ががたがたになり、肌表面が荒れていく
  • そのため外部からの刺激や異物に敏感になり痒みが増す

普通の人の肌と乾燥肌にはこのような違いがあります。

この外部からの刺激や異物がアレルゲンであり、アレルゲンのせいで肌が荒れるというよりは乾燥肌でバリア機能が正常に働かないから肌が荒れるのだといえるでしょう。

「基礎代謝力でアトピー退治!」汗をかくとかゆくなるのに、20分の運動でアトピーが改善する理由汗をかくとかゆくなるから出歩かないとか運動しないという方がいると思います。実は私もそう思ってました。 ですが一時期ダイエットしよう...

上記の記事で述べたように、基礎代謝力が低めで新陳代謝が活発ではない場合で乾燥肌だと皮膚の再生も遅くなるので一度乾燥が進んでしまうとなかなか自己回復が難しくなってしまいます。

生活環境も空気乾燥を誘発している

なにも乾燥肌の原因は体質だけの問題とは限りません。そもそも人間の生活環境そのものが空気乾燥しやすくなっています。

  • 冬など季節による乾燥
  • 冷房、暖房の使用などによる乾燥
  • 扇風機の風も肌の乾燥の原因となる
  • 入浴後の乾燥

人間が心地いいなという状態は案外その時点で乾燥しています。空気乾燥は自覚しにくいので湿度計でもないとなかなか気づけません。

従って夏の仕事場などでもクーラーをキンキンに入れている場合、相当乾燥している場合があります。

加湿や空調管理などにも触れたいですが、ここでは保湿に焦点を当てて述べていきたいと思います。

保湿剤の重要性

上記の乾燥肌の特徴から、肌の水分や脂質をなるべく逃がさないようにする必要があります。そのために使うのが保湿剤です。

保湿剤とはなにか

皮膚の水分が失われないように覆う作用や皮膚に水分を与える作用などをもち、それにより肌を守るバリア機能を高める効果があります。

保湿剤のメリット
  • 肌の水分を逃がさない
  • 製品によっては皮膚に潤いや栄養を与えるものもある
  • 荒れた肌と外部からの異物の接触を軽減する
  • 皮膚の再生速度上昇を期待できる
  • 医師や薬局を介さなくてもドラッグストアで買うことができる
  • 顔や下半身などのデリケートな部位にも気兼ねなく塗ることができる
  • 保湿剤は大容量であることが多いので、全身に気兼ねなく塗ることができる
保湿剤のデメリット
  • ワセリン等の粘度の高い保湿剤をぬるとべたべたするので気持ちが悪い
  • かといってサラサラタイプの保湿剤だと保湿効果が薄くなる
  • 風呂上がりに塗ると皮膚表面の温度が下がらないのでちょっとかゆくなることがある
  • アトピーだと全身に塗る場合があるので作業が大変である
  • あまりに塗りすぎると保湿剤依存症になる可能性がある

保湿剤には上記のようなメリットとデメリットが存在します。

多少デメリットも存在しますが、メリットによるプラス分が大きいので保湿剤を使ったほうがアトピーには有効であるといえるでしょう。

デメリットが気になる場合は医師や薬剤師に聞いたら使用上の注意点やおすすめの保湿剤を提案してくれるでしょう。

おすすめの保湿剤

ワセリン

ワセリンとは石油から抽出された油脂を利用して作られた無味無臭の非常にシンプルな保湿剤です。

ワセリンの特徴
  • 非常に粘度が高くべたべたしている
  • 石油から抽出された油脂を使用しているが、必要ないミネラル分が除去されている
  • 刺激を感じることはなく、薬剤処方時に軟膏基剤として使われることもある
  • そのため誰にでも使用することが出来る
  • 皮膚の水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激を遮断することが出来る

ワセリンにはこのような特徴があり、害になる成分が皆無なので安心して使用できるメリットがあります。

そのため初めて保湿剤を使うという方には大変試しやすい保湿剤といえるでしょう。

<div class=”concept-box2″>

<p>

  • 皮膚の水分の蒸発は防げるが特に添加剤は入っていないので肌に潤いを与えたり肌に栄養を与えたりすることはない
  • 風呂上がりにたくさん塗ると皮膚表面の温度が下がらないのでちょっとかゆくなることがある
  • あまりに塗りすぎると保湿剤依存症になる可能性がある
  • 気温が高い時期に使うと塗布面に細菌が繁殖しやすくなることがある

</p>

</div>

このような特徴もあるのでお子さんの肌に使用すると不快に感じてかきむしったりするかもしれません。

保湿剤の使い方

<div class=”simple-box1″><p>

  • 保湿剤を使う時は入浴後など肌に水分が豊富な時が望ましい
  • 塗り薬などは保湿剤を使う前に塗っておく
  • 保湿剤を指先に米粒2粒くらいの大きさに乗せる
  • 塗る場所に保湿剤を乗せる
  • 薄く塗り広げる

</p></div>

このような方法で塗り広げます。光が反射してテカテカになりすぎないよう薄く塗っていくのがコツです。ワセリンの場合は粘度が高いので指先や患部が温かいうちに塗ると溶けやすくなって伸びやすくなります。

まとめ

要点まとめ
  • 乾燥肌体質の場合、肌荒れを自己回復することは難しい
  • 生活環境が乾燥している場合が多いのでなおのこと乾燥肌は肌荒れを起こしやすい
  • アトピーの人はだいたい乾燥肌体質である
  • したがって塗り薬による炎症の抑制のほかに、保湿剤で乾燥から肌荒れを守る必要がある
  • 保湿剤は肌の水分を逃がさずに荒れた肌と外部からの異物の接触を軽減することが出来る

上記の理由から、保湿剤はアトピーや乾燥肌の方にはとても重要な役割を果たすものだといえます。

症状の軽い場所や関節などのよく乾燥する場所は定期的に保湿剤を塗っておけばアトピーの再発防止に繋がるでしょう。