アトピーの対処療法

「清潔にしてアトピー退治!」アトピーを改善するためにせっけんで体を洗うべき理由

重度のアトピーの人はせっけんを使って体を洗うと傷がしみるからせっけんを使わずにシャワーでながすだけと言う方がおられまして、私もその意見は痛いほどよくわかります。
体にしみるからせっけんを使わないという意見が正しいかどうかをちょっと考えてみたいと思います!

せっけんを使いたくない理由

私もせっけんをあまり使いたくないなと思っていたことがあったので、せっけんを使いたくなかった理由を挙げてみます。

  • 体にしみる
  • せっけんの残留成分みたいなのが気になって風呂上がりの後にかゆくなる
  • 固形石鹸はめんどくさいのでボディソープを使ってるが合わない気がする

以上のような理由を挙げてみました。これらの視点から少し掘り下げてみましょう。

せっけんを使うと体にしみる

せっけんで洗ったら体にしみる状態は、アトピーの症状がよほどひどい時をのぞいてはひっかき傷が多い時になります。

ひっかき傷が特に多い時期っていうのはあんまりせっけんで体を洗ってなかった時期が多いかもしれません。

せっけんで体を洗わなかった場合

冬はあまり汗をかかないのであんまりせっけんを使わなくても平気なことが少なくありません。

しかし暖かくなって汗をかくようになるとそれまで溜まっていた老廃物が一気に溶け出してくるのでいきなり垢がたまったように感じすごい痒みに襲われます。

https://atopicblog.com/2020/05/22/atopic-exercise/

上記のページでも述べたのですが、アトピーの方は運動不足になりがちで発汗機能が弱いことが多いです。

その場合汗のミネラル分が体にリサイクルされず、そのまま汗と一緒に出てくるので老廃物とともに体表面に堆積しやすいと言えるでしょう。

せっけんで体を洗わなかった場合、これらの成分が体に残ったままになるのでかゆみが悪化するのは避けられません。

せっけんで体を洗ってる場合

またせっけんでいつも洗っているという方も、アトピー症状がひどい時はあまりしっかり洗えていないとかすすぎがきちんとできていないことがあるかもしれません。

そういう場合はとてもかゆくてかきむしるので体中傷だらけになります。こういう時にせっけんを使って洗うとすごくしみますよね。

これらの症状を回避するには日ごろからきちんとせっけんで体を洗って清潔にし、よくすすいでせっけんの成分をしっかり落とす必要があります。

それができていれば、体がかゆくてかきむしることも減少するとは思いませんか?

普段からせっけんでしっかり体を洗うことはアトピーのボディケアの基本といっていいでしょう。

なお、せっけんを使った後風呂上り後にかゆくなるのはまた違った事象なので次で説明します。

せっけんの違いについて

  • せっけんの残留成分みたいなのが気になって風呂上がりの後にかゆくなる
  • 固形石鹸はめんどくさいのでボディソープを使ってるが合わない気がする

せっけんを使いたくない理由で以上のことに触れましたが、これらは方向性が同じなのでまとめて考えましょう。

固形石鹸とボディソープの違いを説明します。

固形石鹸の特徴

成分は、脂肪酸ナトリウム (アルカリ性)
ほぼ添加物が無い
水に溶けやすく少量の石鹸で洗えることから、低刺激である
実は洗浄力はボディソープより高い
固まってるので使いにくい

ボディソープの特徴

成分は脂肪酸カリウム(弱酸性)
常に液状を保つため添加物に水や合成界面活性剤が入っている
さらに香料や着色料、防腐剤などが入っている
ボトルに入っているので1プッシュで出てくるので使いやすい
衛生面で優れている

 

ボディソープは液状を保つためにさまざまな添加物が入っています。そのためそれらの成分に反応してしまいかゆくなることも考えられるでしょう。

ですのでボディソープは一見コスパが良くて扱いやすいというイメージがありますが、アトピーの方には固形石鹸の方が望ましいと言えるのではないでしょうか。

風呂上り後の乾燥

あとひとつだけ。

  • せっけんの残留成分みたいなのが気になって風呂上がりの後にかゆくなる

この項目の「風呂上がりの後にかゆくなってくる」という部分ですが他にも理由があります。

せっけんで洗った後は体に残っていた油脂が洗い落とされてしまうので、風呂上り後に保湿剤で皮膚をコーティングしないと皮膚の表面の水分が蒸発しその後かゆくなる可能性があります。

せっけんやボディソープには多少保湿成分があるようですがアトピーの方には十分ではありません。いつも症状が悪化する部位などに注意して保湿剤を塗っておきましょう。

冬の間は季節柄乾燥していたりエアコンをつけることで乾燥がひどくなることがあるので特に注意が必要です。

まとめ

要点まとめ
  • せっけんを使わないで体を洗っていると汚れが取れず痒みが増し、ひっかき傷が出来る
  • 普段からせっけんでしっかり体を洗う
  • しっかりすすいでせっけんの成分を落とす
  • アトピーの方には固形石鹸の方が望ましい
  • 風呂上がりに保湿対策をしよう

このようなことに気を付ければアトピーによる痒みを抑えやすいのではないでしょうか?